ご挨拶

さらなる地域インフラづくり、安心安全な街づくりに貢献していきます

ご挨拶

皆様には平素から格別のご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。

弊社は、1965(昭和40)年に建設資材の海運事業からスタートし、その後生コンクリートの製造・販売を主たる事業として、北部大阪を中心に地域インフラをはじめ、数々の街づくり、都市建設に寄与して参りました。

この間、常にお客様に対する感謝の気持ちを胸に、お客様のニーズと期待にお応えし、信頼と満足を得るべく、日々精進努力を重ねております。なかでも生コンクリート事業においては、製品の品質確保について最新の技術と共に最新鋭設備の導入を積極的に進め、同時に技術者の育成、技術向上に注力して参りました。近年、高流動、高強度コンクリートの大臣認定物件が多く発注されるようになるなか、数多くの大手建設会社との共同認定や自社単独認定を獲得しております。

また、会社を経営するにあたっては、創業以来「社員・従業員とその家族の幸せを抜きにして会社の発展はありえない」ことを肝に銘じて参りました。これからもこの姿勢を忘れず、真に社会に必要とされる会社であり続けたいと思っております。

建材の海運事業を源流として50 余年を経た現在、私たちは建材事業、生コンクリート事業、土木建設事業(資源再生事業)、運輸事業からなる岡本グループを構築。それぞれが有機的に連携することで、さらなる地域インフラづくり、安心安全な街づくりに貢献していく所存です。今後とも皆様からのなお一層のご協力、ご鞭撻をお願い申し上げます。

岡本グループ
代表取締役社長 岡本真二