㈱坂出興産:「セルクリート工法研究会関西」の広報活動

  • 各地で行われた、デモンストレーションへ参加
    • 2019年10月25日 奈良県大和高田市
    • 2019年11月26日 京都府舞鶴市余部上
    • 2019年12月23日 兵庫県神戸市(阪神水道企業団)

  • 『セルクリート工法』の注入材料は、繊維質混和材と独立気泡との相乗効果による次のような特性があります。
    • 特性1 耐水性             水に対する分離抵抗が強く、水との接触面が乱されにくい。
    • 特性2 安定性             ブリージング、気泡の消滅が無く、硬化後の空隙が発生しない。
    • 特性3 施工性             流動性に優れ、圧送に高い注入圧力を必要としない。

『セルクリート工法』はこのような特性を生かし、在来工法では困難とされていた「滞留水のある空隙」
「長距離スパンの管渠」等の注入充填工事に特化した製品、工法です。

2020年1月7日